« 物理学会を聞いてきた | トップページ | 祝日なのに »

2017.09.15

1GspsのADC基板の設計がひととおり完了

半年以上かけてきたこの基板の設計がようやく90%できました。

Np1094_6

Np1094_7

今日やったことは、

  • クロックの配線
  • 可変ゲインアンプのコントロール配線
  • 本体基板からFPGAをシリアル通信でコントロールする配線
  • LED、テストポイント
  • PDとTESTにプルダウン
  • サブ側のほうのFPGAにもLEDをつける
  • 電源コネクタを付ける
  • ±2.5V電源のところの配線を見直し
  • DRCの見直し
  • 電源がよけられている箇所を発見
  • REFDESのつけなおし
  • シルク調整

まだ残っている事項としては、露出PADの部分の確認と等長配線があります。

来週の火曜日に出図して、木曜日に基板出来上がり。急いで実装して再来週の月曜日発送、火曜日(26日)到着で、3日でデバッグして29日に客先納品・・・できるでしょうか

sun

それから、Cosmo-Kを使った10Gイーサから出したデータを、10GNICとDPDKを使ったLinuxで受信したレートが9.2Gbpsであることが計算できました。ほぼ帯域を使い切ることができました。

ほかには、VivadoのBlockDesignをテキストファイルから生成する実験などをしていました。

|

« 物理学会を聞いてきた | トップページ | 祝日なのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物理学会を聞いてきた | トップページ | 祝日なのに »