« JESD204BのデータをPCIe-DMAで受け取る | トップページ | TrenzElectronic社の販売サイトをリニューアルしました »

2017.09.01

Cosmo-Kのホームページを作成中

有名なメーカー製のPCI ExpressのFPGAボードを買ってはみたけど

PCI Expressのコアがない

とか、

ドライバがない

とか、

サンプルプロジェクトの使い方がわからない

といったことはありませんでしたか?

特殊電子回路のPCI Expressボード、「Cosmo-K」も危ういことにそうなりかけていました。

当初のコンセプトである誰にでも本当に簡単にPCI Express Gen2を使いこなせるボードとしての原点に立ち返って、ホームページにどんどん技術情報を書いて充実させていくことにしました。

http://www.tokudenkairo.co.jp/cosmok/index.html

まずは基板の説明や、

Board

ボード上のGPIOの説明とFPGAのピン配置、

Gpio

PCI ExpressとDMAの作り方のチュートリアルなど

Pcie

誰でも使えるように、わかりやすく書いていきたいと思います。

丸一日かかってもPCI Expressの説明の途中までしか書けませんでした。Kintex-7を使うにはそれだけたくさんの情報が必要です。

Kintex-7のPCI Expressボード「Cosmo-K」の詳細は下記のページをご覧ください。

http://www.tokudenkairo.co.jp/cosmok/index.html

|

« JESD204BのデータをPCIe-DMAで受け取る | トップページ | TrenzElectronic社の販売サイトをリニューアルしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JESD204BのデータをPCIe-DMAで受け取る | トップページ | TrenzElectronic社の販売サイトをリニューアルしました »