« 2017年8月 | トップページ

2017.09.19

Artix-7は、2.5Vでないと基本的にLVDSは使えない

ずっと作っていた1GspsのADC基板を出図して、木曜日に発送してもらえることになりました。6層基板で金フラッシュ仕上げですから、本当に超特急ですね。

さて、アルバイトさんに基板のFPGAのピン配置に合わせてテスト的な信号を出すデザインを作ってもらっていたら、重大な事が発覚しました。

「LVDSの端子から、LVDSが出せない・・(;´Д`)」

いつもKintex-7ばかり使っているので、Artix-7の使い方を忘れていました。

Artix-7にはHRポートしかないから、基本的にLVDSというIOSTANDARDが使えないのです。

入力だけなら・・と思ってみても、DIFF_TERMが使えないので、100Ωの抵抗を外付けする必要があります。

(Vivadoには2.5Vと申告して論理合成させておいて実際に1.8Vで使うという裏技もありますが、それは最後の手段)

Artix-7のI/Oは2.5VにしないとLVDSは出せない

大事なことだからもう一度言います。

Artix-7のI/Oは2.5VにしないとLVDSは出せない

(;ω;)

結局、基板はどうしたかというと、システム全体のV18という電源ネットに2.5Vを加えることにしました。VCCAUXは絶対最大定格2.0Vなので、2.5Vを加えるわけにはいきませんから、VCCAUXを切り離すことにしました。

そして、下の図のような配線でVCCAUXだけをつないで、基板実装後に1.8VのLDOを手づけすることにしました。

Change

基板屋さん的にも間に合ったようで、納期の変更なく作ってくれるようでした。

また、アルバイトさんが実験してくれた感じでは、1.8Vの電源電圧でもLVDS_25を使えば何らかの信号は出るとのことでした。

| | コメント (0)

2017.09.18

祝日なのに

朝から町会のお祭りの片づけをして、夕方商品の発送をするために会社に行くと、祝日なのにアルバイトさんたちが来て、仕事をしてくれていました。ありがとう(◎´∀`)ノ

どうやら祝日であることが周知されていなかったようです。

さて、アルバイトさんがVivadoのBlockDesignを、テキストベースで自動生成する方法を確立してくれたようです。

今日は祝日だから佐川急便が来ないので、特電の製品箱を6個ほど担いで、東京駅の駅ナカにある佐川急便サービスセンターに行って、出荷してきました。

東京駅の佐川急便は年中無休で祝日も開いているのでありがたいです。でも、締め時間が18:00のようで、ぎりぎりセーフでした。

おそらく火曜日にはお客様のところに到着するでしょう。

それから、長年設計していた1GspsのADCボードがようやく完成しました。

Top

Bot

GndMid1_2

Mid2Vcc

VCC層の分割がすごいことになりました。

明日には出図します。

| | コメント (0)

2017.09.15

1GspsのADC基板の設計がひととおり完了

半年以上かけてきたこの基板の設計がようやく90%できました。

Np1094_6

Np1094_7

今日やったことは、

  • クロックの配線
  • 可変ゲインアンプのコントロール配線
  • 本体基板からFPGAをシリアル通信でコントロールする配線
  • LED、テストポイント
  • PDとTESTにプルダウン
  • サブ側のほうのFPGAにもLEDをつける
  • 電源コネクタを付ける
  • ±2.5V電源のところの配線を見直し
  • DRCの見直し
  • 電源がよけられている箇所を発見
  • REFDESのつけなおし
  • シルク調整

まだ残っている事項としては、露出PADの部分の確認と等長配線があります。

来週の火曜日に出図して、木曜日に基板出来上がり。急いで実装して再来週の月曜日発送、火曜日(26日)到着で、3日でデバッグして29日に客先納品・・・できるでしょうか

sun

それから、Cosmo-Kを使った10Gイーサから出したデータを、10GNICとDPDKを使ったLinuxで受信したレートが9.2Gbpsであることが計算できました。ほぼ帯域を使い切ることができました。

ほかには、VivadoのBlockDesignをテキストファイルから生成する実験などをしていました。

| | コメント (0)

2017.09.14

物理学会を聞いてきた

物理学会の講演聞きに宇都宮へ行ってきました。

1日目と3日目を聞きにいきに行ったのですが、FPGAを使っている研究のほとんどがXILINX派でした。Intelは1件だけしか見つかりませんでした。

それぞれFPGAをいろいろな使い方をされていて、非常い興味深いのですが、「ハードウェア作ったけど動かない」とか「高周波特性が出ない」という発表も目立ちました。

まぁ、私から見れば原因や解決法は一発でわかるのですが、部外者なので黙っていました。

私が作ったFPGAボードがATLAS実験のスライドで写真入りで紹介されていて、しかも「特殊電子回路株式会社との共同開発」って社名も書いてくれていたのがあって、超感激です。とりあえず今までのところエラーが起きていないとのことで安心しました。

| | コメント (0)

2017.09.13

ブログを更新するのが滞りがちなので・・

ブログを書くのはとてもエネルギーがいるので、なかなか更新できません。

ツイッターは気楽に書けるのに。

とりあえず、本日から毎日の成果だけを1行で記述していくことにします。

  • EPICS、CSS、ROOTを試す
  • 1Gspsの拡張ボードの設計がほぼ終わった
  • DPDKでCosmo-Kの10Gイーサのスループットを測ったところ、9Gbpsくらいでているようだ
  • JESD204B→FPGA内蔵BRAM→XDMAで波形をキャプチャして表示するソフトが少し進捗。波形が乱れる原因が判明。XILINXのJESD204B PHYがチャネルボンディングできないのが原因なので、自前のコアに置き換えることにする

画像や、詳しい説明は暇なときに更新するので、後日見に来てください。

| | コメント (0)

2017.09.07

TrenzElectronic社の販売サイトをリニューアルしました

特電が運営している、TrenzElectronic社の販売サイトをリニューアルしました。

http://www.trenz.jp/

です。

Trenz1

ショッピングカートを統合し、また、すべての通信をSSL対応にしました。

いままではTrenz製品をお買い上げの場合でも、特電オンラインショップに飛んでから購入するようになっていましたが、これからはtrenz.jpの中だけでお買い物ができます。

また、取り扱い商品のカテゴリごとに一覧表示ができるなどしています。

Trenz2

Trenz3

このサイト、実はWordPressにWooCommerceというプラグインを入れているのですが、WooCommerceのデフォルトだと、ヘッダの絵が大きすぎたり、画面が左寄せでマージンがゼロになっていたりしていてかなり酷いレイアウトだったので、CSSやPHPファイルをいろいろ書き換えて綺麗なレイアウトにしました。

WooCommerceを日本語化すると、発送先住所選択のところで県名がアルファベットなのに、なぜか東京と北海道だけ漢字というわけのわからない状態になっています。

これも、PHPファイルを書き換えることで対応しました。

sun

さらに、WooCommerce日本語パッチに、GMOイプシロン対応のクレジットカード決済プラグインを入れてみたのですが、そのプラグインに制御が渡らないようで動作しません。

PHPのソースは全部公開されているので、暇なときにデバッグしてみようと思います。

| | コメント (0)

2017.09.01

Cosmo-Kのホームページを作成中

有名なメーカー製のPCI ExpressのFPGAボードを買ってはみたけど

PCI Expressのコアがない

とか、

ドライバがない

とか、

サンプルプロジェクトの使い方がわからない

といったことはありませんでしたか?

特殊電子回路のPCI Expressボード、「Cosmo-K」も危ういことにそうなりかけていました。

当初のコンセプトである誰にでも本当に簡単にPCI Express Gen2を使いこなせるボードとしての原点に立ち返って、ホームページにどんどん技術情報を書いて充実させていくことにしました。

http://www.tokudenkairo.co.jp/cosmok/index.html

まずは基板の説明や、

Board

ボード上のGPIOの説明とFPGAのピン配置、

Gpio

PCI ExpressとDMAの作り方のチュートリアルなど

Pcie

誰でも使えるように、わかりやすく書いていきたいと思います。

丸一日かかってもPCI Expressの説明の途中までしか書けませんでした。Kintex-7を使うにはそれだけたくさんの情報が必要です。

Kintex-7のPCI Expressボード「Cosmo-K」の詳細は下記のページをご覧ください。

http://www.tokudenkairo.co.jp/cosmok/index.html

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ