« Kintex-7のPCIe DMAとDDR3の安定動作 | トップページ | 1GADCの基板ができてきた »

2017.09.24

Kintex-7のDDR3メモリエラー

Kintex-7のPCI Express - DDR3 DMAで、急にエラー率が上がってしまいました。

PCI Expressと同期したクロックをMIGに使っているのにわずか150GBくらいでエラーが出てしまいます。

141回、Total 151397 Mバイト転送
結果は一致していません
Write 344E14E0: F8 81 FC 28 19 22 69 FF D3 8E 01 04 77 CE D8 02
Read  344E14E0: F8 81 FC 28 19 22 69 FF D3 8E 01 06 77 CE D8 02

138回、Total 148176 Mバイト転送
結果は一致していません
Write 20195420: 20 AC 5E 00 EA B7 6F FF 91 CC 88 00 65 7B 1A 42
Read  20195420: 20 AC 5E 00 EA B7 6F FF 91 CC 88 02 65 7B 1A 42

147回、Total 157840 Mバイト転送
結果は一致していません
Write 190B9540: 78 79 97 28 C8 A6 FF FF D7 C3 00 04 4F 16 CC 52
Read  190B9540: 78 79 97 28 C8 A6 FF FF D7 C3 00 06 4F 16 CC 52

どうやら、上のようなパターンのときに、3回目のアクセス時にデータバスのbit25が1になってしまうようです。

以下のようなパターンでエラーが出ることがわかりました。

28000000
FF000000
04004000
02000000

このパターンのみを送るようにしたところ、エラーが出まくりです。

Ddr3err

DDR3の3回目のアクセス時に、他のビット線やアドレス線からのクロストークでbit25に影響が出てしまうようです。

sun

そこで、少しデザインを変えて論理合成しなおしてみたところ、

Async_bd

エラーが出なくなりました。

8時間ほどかけて15TBを転送しましていますが、ノーエラーです。

15tb

微妙な何かで、DDR3のキャリブレーションの問題が起きているのかもしれません。

 

|

« Kintex-7のPCIe DMAとDDR3の安定動作 | トップページ | 1GADCの基板ができてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kintex-7のPCIe DMAとDDR3の安定動作 | トップページ | 1GADCの基板ができてきた »