« 新しいMPPCアレイ | トップページ | Pythonを使ってZYNQをコントロール »

2017.10.04

1G ADCボードで波形が取れた

アルバイトさんが、開発中の1GSps ADCボードで波形が取れるようにしてくれました。

まずはシグナルジェネレータで作った20MHzの波形

Db3_sin20m

次は、100MHzの波形

Db3_sin100m

ちょっとひずみが大きい?

sun

400MHzの波形

Db3_sin400m

400MHzになると人間には正弦波には見えず、同じパターンが早く繰り返すようになりますが、FFTするときれいな正弦波として見えます。

sun

そして今度は速度を下げて、500kHzの波形

Db3_sin500k

上り坂と下り坂の部分にノイズのようなものが見えます。何でしょう?

最初はADCデータのデコードのミスかと思ったのですが、やはり何かあるようです。

Db3_sin500k_2

このグラフの描画はPythonを使っているそうです。Excelで描くのとちがってちょっとした演算が楽にできるので、私もPythonを勉強したいと思います。

|

« 新しいMPPCアレイ | トップページ | Pythonを使ってZYNQをコントロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいMPPCアレイ | トップページ | Pythonを使ってZYNQをコントロール »