« ZYNQのPSからのDDR3メモリアクセス速度 | トップページ | Cosmo-Z ライブラリ 2.0のマニュアルを執筆開始 »

2017.10.10

1GspsのADCボードのひずみ

開発中の1Gsps高速ADCボードのアナログフロントエンドのひずみが大きく、悩んでいます。10MHzの正弦波をいれたところ、-30dBくらいのひずみが観測されています。

Db0_10m_100mv

時系列の波形で見てもひずんでいるのがわかるほどです。

Db0_10m_100mv_2

同じものを高速オシロでみてもひずみは見えているので、ADCの問題ではなく、アナログフロントエンドの問題か、発振器の問題であると考えられます。

Distort

アナログフロントエンドには、LMH5401IRMSTという高速OPアンプと、LMH6401IRMZTという可変ゲインアンプを使っていますが、可変ゲインアンプが怪しいと考えています。

もしかしたら信号発生器が悪いのかもしれません。

|

« ZYNQのPSからのDDR3メモリアクセス速度 | トップページ | Cosmo-Z ライブラリ 2.0のマニュアルを執筆開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZYNQのPSからのDDR3メモリアクセス速度 | トップページ | Cosmo-Z ライブラリ 2.0のマニュアルを執筆開始 »