« ZYNQ搭載ADC/DAC基板が届いた | トップページ | U-BootがUSBに対応していた »

2017.11.12

ET/IoT2017に出展します!

いまさらですが、特殊電子回路は、展示会ET/IoT2017に出展します。

日時 2017年11月15日(水)~17日(金)

開催時間 10:00~17:00

ブース場所 A-15 特殊電子回路株式会社

1509945503_etlogo1

詳しくは下記のページをご覧ください。

http://www.tokudenkairo.co.jp/et2017.html

今年はETだけではなくIoTにも絡めていきたいと思い、IoT2017のほうに申し込んでしまいました。そのため、いつもの左側のほうではなく、入り口に近い右側のほうにいます。

今年はIoTに絡め、「高速ADCもIoTの時代に突入」をテーマに、ワイヤレス高速ADCを出展します。

これはオシロのような単純なデジタイザではなく、高速ADCのデータをZYNQで処理して、無線で飛ばせるようにデータ量を削減したり有意なデータを抽出して送信する装置です。

また、電子回路無料コンサルティングを実施します 。

特電ってボードを売っていたり、JTAGツールを売っていたり、研究機関向けにカスタム装置を作っていたり・・いったい何の会社なのかな、って考えることがよくあるのです。

自分で言うのもなんですが、特電のボードは他社のFPGAボードと比べても、分かりやすくて使い勝手がいい。デバイスドライバやサンプルアプリもちゃんとついている。これならFPGAに詳しくない人でも最新のデバイスが使えるようになるはずです。

あと、物理学の実験にFPGAを使いたいという先生方の話を聴いて、それをFPGAの回路に落とし込む。そういうことをここ数年やってきたわけです。

それから、お客様が独自に作ったFPGAボードが動かないから、ということで特電を頼りにしてきてくれることもあります。

結局のところ「お客様がFPGAを使って何かすごい計測や実験をすることをサポートしている」わけです。

それなら、特電の社会的使命は、最先端の何かのため、電子回路を使いやすくする、ということなんじゃないでしょうか。

そう思ったので、ET2017の会場で無料コンサルティングを行うことにしました。

  • FPGAの基板を作ったけどうまく動かない。デバッグしてほしい。
  • 想定していた性能が出ない。原因を探ってほしい。
  • 新製品を考えたけど、どうやって作ればいい?
  • FPGAで起業したい!うまくいくか一緒に考えてほしい!
  • うちの会社って、業界の平均より儲かっているか知りたい!

回路設計の疑問から中小企業の経営まで、どのようなご相談でもなひたふが皆様のお悩みを解決します!

なお、コンサルティングは通常は有料ですが、ET/IoTの会場に限り、15分間無料、ただし先着10名様でお答えさせていただきます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

http://www.tokudenkairo.co.jp/et2017.html

会場で、皆様にお会いできることを楽しみにしています。

|

« ZYNQ搭載ADC/DAC基板が届いた | トップページ | U-BootがUSBに対応していた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZYNQ搭載ADC/DAC基板が届いた | トップページ | U-BootがUSBに対応していた »