« TrenzElectronics社のEDDPモータコントロールキットを入荷 | トップページ | ZYNQ&Trenz製品セミナーを開催します »

2017.11.27

さよならトラ技

突然ですが、主に2000年~2010年の10年分くらいのトラ技とInterfaceとDesign Wave Magazineを捨てることにしました。

明日の廃品回収に出します。増えすぎちゃって事務所の床が抜けそうなのと、事務所をすっきりさせたいなどの理由です。とても名残惜しいのですが、仕方がありません。

Trg1

2000年以降のトラ技はCD-ROM化されているのでいつでも読めるので、比較的容易に決断できましたが、私が高校生大学生だったときに授業そっちのけで読みふけっていた1990年代のは、やはり捨てられませんでした。内容が濃すぎて、得るものが多すぎ、いまだに消化できていないものも多くあります。

2000年台のInterafaceも熱かったですね。いろんなマイコンが出てきて、付録基板とか、ブートコードとか低レベルなところに熱中していた。ここ数年のIF詩はRasPiばかりになってしまったのも、RasPiが強すぎるからでしょう。各社マイコンボードでやってたことが全部できてしまう。

DesignWaveもすごい雑誌でした。「お前ら、理解できるものなら理解してみろ」という記事ばかりで、読者で居続けることが試される雑誌でした。開く前に深呼吸してから戦うつもりで読んだ覚えがあります。私が執筆した原稿が何のチェックもなくそのまま載ったので驚きました。

これが残った雑誌たちです。これからもよろしく

Trg2

|

« TrenzElectronics社のEDDPモータコントロールキットを入荷 | トップページ | ZYNQ&Trenz製品セミナーを開催します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TrenzElectronics社のEDDPモータコントロールキットを入荷 | トップページ | ZYNQ&Trenz製品セミナーを開催します »