« 見積システムを開発しています | トップページ | ZynqBerryスタータキットを発売します »

2017.12.25

第2回 Zynq&Trenzセミナーを開催します

「第2回 Trenz社ZYNQボード活用セミナー」を開催します。

Zbgz

このセミナーでは、PetaLinuxやYoctoLinuxを使わないZYNQ Linuxのビルド方法をお伝えします。

主な内容は

  • GigaZee(TE0720)のハードウェア
  • ZynqBerry(TE0726)のハードウェア
  • スクリプトベースのVivado活用法
  • FSBLへのパッチ
  • U-Bootの構築
  • 何もないところからのXILINX Linux Kernelの構築
  • デバイスツリーの書き方と各項目の意味
  • USBとWiFiを開放する
  • Ubuntu Linuxでリッチな環境
  • HDMI出力とデスクトップ
  • 独自IPのためのドライバ作成

です。

12月13日に行われた「第1回目のセミナー」の反省点を踏まえ、ハンズオンの時間をしっかりと確保します。

まず、セミナーのはじめに本編資料(数百ページのスライド)のURLをお伝えし、15分ほどで概要を説明した後、基本的には各自で作業していただきます

セミナー講師は、随時、質問等への対応を行います。

なお、当日の時間を有効にご利用いただくために、ノートパソコンに開発環境のセットアップをお願いします。資料URLは別途お伝えします。スライドの一部は事前にお見せします。

◆開催概要◆

  • 日時 1月10日(水)14:00~17:00
  • 場所 秋葉原駅前(電気街口) 
        新秋葉原ビル 3階 秋葉原駅前会議室

お申込みは「こくちーず」のサイトで行います。

http://kokucheese.com/event/index/501674/

12月27日(水)の正午から申込み受付開始で、1月5日(金)の正午まで受け付けております。(早期終了の可能性あり)

定員は15名ですが、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

抽選の基準としては、

  1. 前回のセミナーにお申込みいただいたけど、定員オーバーとなって受講できなかった方
  2. 該当製品をご購入いただいた方、購入予定の方
  3. それ以外の方

という優先順位とさせていただきます。

何卒ご了承くださいませ。

|

« 見積システムを開発しています | トップページ | ZynqBerryスタータキットを発売します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見積システムを開発しています | トップページ | ZynqBerryスタータキットを発売します »