« FPGAをLinuxからコンフィグするxdevcfgの使い方 | トップページ | PCI Experssのカードを挿したPCが再起動してしまう »

2018.01.22

1Gsps ADCボードの新基板設計

いままで2種類の1Gsps ADCボードを作り、ノウハウをためてきました。

このボードと

Np1089_2

このボード

Np1094_impd_2

です。

前者のボードは40Gbpsの光ファイバで変換結果を送信することができますが、ノイズが多かったり、周波数特性が悪かったりしました。

後者のボードはCosmo-Zの拡張ボードですが、アナログ性能が改善されていて理想的な特性が出ます。

これらのボードの良いところを統合し、新たなADCボードにします。

Np1111

いずれのボードも発熱が問題でしたので、今回のボードは、タカチの放熱性の良いアルミケースに入れられることを前提として設計をすることにしました。

1月中に生基板を作ることを目指します。

|

« FPGAをLinuxからコンフィグするxdevcfgの使い方 | トップページ | PCI Experssのカードを挿したPCが再起動してしまう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FPGAをLinuxからコンフィグするxdevcfgの使い方 | トップページ | PCI Experssのカードを挿したPCが再起動してしまう »