« Cosmo-ZをC#でコントロールためのXML-RPCプログラムを妻に発注した | トップページ | AD360の基板が届いた »

2018.02.05

AD360の新基板を出図

18bit 20chの多チャネル精密AD変換ボード「AD360」の新しい基板を出図しました。

Np1071_top

Np1071_bot

これまでのAD360は入力電圧範囲が±10Vという仕様でした。10Vという電圧をあまり使うことはないと思うので、今回からは±1Vに変更しました。

AD360のノイズはほとんどがAD変換器のノイズです。プリアンプがあってもなくても、ノイズレベルは変わらずに±2LSB程度ですから、ゲインを稼がないほうが有利になります。

入力換算のノイズレベルが17μV程度となり、従来の約10分の1に減る見込みです。

|

« Cosmo-ZをC#でコントロールためのXML-RPCプログラムを妻に発注した | トップページ | AD360の基板が届いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-ZをC#でコントロールためのXML-RPCプログラムを妻に発注した | トップページ | AD360の基板が届いた »