« トランスインピーダンスアンプ基板 | トップページ | ハードウェアFFTの実行時間 »

2018.03.08

HyperFADCを使ってMPPCの波形を観測

開発中の1Gsps ADCボード「HyperFADC」を使って、プラスチックシンチレータとMPPCが出す波形をとらえることができました。

Hfadc_wave

おそらく宇宙線だと思います。

ちゃんと1nsの分解能で見えています。少し波打っているのは、信号源となるMPPCアンプが長い同軸ケーブルの容量で発振しているせいではないかと思います。オシロだけをつないでも波打って見えたので、このADCの問題ではないでしょう。今までの高速ADCでは、この高い周波数の発振は見えませんでした。高速ADCだからこそ発見できた問題といえます。

また、1Gspsだからエイリアシングのことを考えると500MHz弱で急峻にカットオフするのがベストです。周波数特性を測定したところ、約450MHzで切れて、しかもゲインにピークのほとんど生じていない良好な特性となりました。LCフィルタは偉大ですね。

1

FPGAの設計から、周波数特性の測定、波形の取得まで、すべて学生のスタッフさんがやってくれました。感謝感謝です。

Hfadc_board

|

« トランスインピーダンスアンプ基板 | トップページ | ハードウェアFFTの実行時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トランスインピーダンスアンプ基板 | トップページ | ハードウェアFFTの実行時間 »