« LFSRの疑似乱数でコード変調の実験 | トップページ | 応用物理学会の展示会に出展しています »

2018.03.16

夜中の工作

明日からの展示会に備えて、夜中に会社に来て工作しました。

アクリルの板に穴をあけて、

Ac1

ファンを取り付けてCosmo-K+に取り付けます。

Ac2
Ac3

これでCosmo-K+が冷却できるようになりました。

次は、1GSa/sのADC「HyperFADC」のケースです。

Hy1

フロントパネルに同軸コネクタの穴をあけて、

Hy2

正面だけは完成。

Hy3

四角い穴をあけるのが大変なのでリアパネルはありません。

Hy4

びんぼっちゃまみたいですね。

Hy5

これでHyperFADCとCosmo-K+の展示用のができました。

sun

最後は光センサ用のトランスインピーダンスアンプです。650MHzの帯域があるはずです。

Transimp

残念ながらトランスインピーダンスアンプはうまく動きませんでした。

SFP+からFCコネクタへの変換ケーブルを作って、SFP+を10MHzくらいで点滅させましたが、この光センサからの出力は確認できませんでした。

Sfpfc

SFPの出力は単純な強度変調ではないのかもしれません。

|

« LFSRの疑似乱数でコード変調の実験 | トップページ | 応用物理学会の展示会に出展しています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LFSRの疑似乱数でコード変調の実験 | トップページ | 応用物理学会の展示会に出展しています »