« 改版したCosmo-Z Miniの性能 | トップページ | Cosmo-Zでの16ch同時サンプリング »

2018.04.30

Cosmo-Z Miniを出荷しました

本日、Cosmo-Z Miniの出荷の初出荷を行いました。

どうしても4月中に出荷したかったので、昨夜から泊まり込んで作業していました。

Cszmini

Cosmo-Z Miniは、ZYNQを中心に、14bit 125MHzのADCを4chと、14bit 125MHzのDACを2ch搭載した計測&信号処理装置です。

Web経由で波形が見れるだけではなく、FPGAによってリアルタイムに信号処理をしたり、ADCで計測した値からDACへフィードバックができるというものです。

Cszmini6

sun

この製品は、特電にとって新たなスタートの一歩となります。

いままでの製品とは違い、基板むき出しではなく、写真のようなアルミのケースに入っています。特電は今まで評価基板という類のものをいろいろ作ってきたのですが、これからはこういう最終製品も手掛けていきたいと考えています。

Cszmini2

Cszmini3

付属品とともに箱に梱包し、出荷です!

Cszmini4

この装置が皆様の研究のお役に立ちますように!

Cszmini5

|

« 改版したCosmo-Z Miniの性能 | トップページ | Cosmo-Zでの16ch同時サンプリング »

コメント

あっ
HDMIポートのシルク印刷がDVIになってるように見えます。

投稿: | 2018.05.07 10:30

そのとおり。
これはDVIであって、HDMIではありません。

投稿: なひたふ | 2018.05.07 11:59

そうでしたか。
なら納得です。お邪魔しました。

投稿: | 2018.05.08 15:33

かっこいいケースですね!色も素敵ですね。

投稿: 表面処理研 | 2018.09.03 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 改版したCosmo-Z Miniの性能 | トップページ | Cosmo-Zでの16ch同時サンプリング »