« Cosmo-Z Miniの新基板の設計が完了 | トップページ | 新しいオンラインショップの稼働開始 »

2018.04.18

XILINX FPGAのシルクがなくなった!?

実装業者さんから、

「FPGAのスピードグレード-1Cのものと、-2Cのものがシルクが同じで区別がつかない」

との連絡がありました。

現在実装中のArtix-7基板の18台のうち、15個のシルクに温度・スピードグレードの表示がなくて、どれがどれだかわからないとのことでした。

2dcode_1

もしかしてスピードグレードを間違って購入してしまったのかと一瞬青くなりましたが、実装業者さんに送ってもらった写真を見て、たしかにシルクがなくて絶望な気分になりました。

ただ、よく見るとFPGAに2次元バーコードが印刷されていることに気が付きました。

2dcode_2

今まではあった1Cとか2Iとか3Eの表示がありません。

AR#67513XCN16014よると7シリーズ以降のデバイスでは、段階的にシルクの表示が変わっていって、XC7Aデバイスでは2017年の5月に生産されたデバイスからは温度・スピードグレードを表示しなくなるという方針のようでした。

これは困った。

このバーコードを何とか解読しないといけません。

続き

|

« Cosmo-Z Miniの新基板の設計が完了 | トップページ | 新しいオンラインショップの稼働開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Z Miniの新基板の設計が完了 | トップページ | 新しいオンラインショップの稼働開始 »