« XDMAコアでの割り込み発生方法 | トップページ | CORDIC法とDACで正弦波を出力してみた »

2018.04.05

ZynqberryにUbuntu14を入れた

ZynqberryにUbuntu14を入れることができました。

今まで、ZYNQのLinuxでLinaroのUbuntu 12.11を入れて、14.04にアップデートすると、GUIでのログインができなくなってしまうという問題がありました。ログインループというやつで、有効なユーザ名とパスワードを入れても最初のログイン画面に戻ってしまうという問題です。

この問題を回避してUbuntu 14を入れるには、最初からLinaroの14を入れるのが一番です。そのやり方は、基本的には小冊子「ZYNQのLinuxが動くまで」

Zb1

に書かれているとおりなのですが、以下の点が異なります。

  • https://releases.linaro.org/archive/14.10/ubuntu/trusty-images/alip/にあるlinaro-trusty-alip-20141024-684.tar.gzを取ってくること
  • tarのオプションは--strip-components=1 にすること
  • インストール後、デフォルトではIPv4がないので、ひとまず/etc/sysctl.confを書き換えてIPv6を無効にすること。
  • 自分で/etc/network/interfacesを書くこと

これでネットワークがつながるようになります。

Zynqberryubuntu14_1_2

また、小冊子のとおりにセットアップすることで、無線LANも無事につながりました。

Zynqberryubuntu14_2

GUIを快適に使うには、日本語化の設定が必要です。

apt-get install language-pack-ja
update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
apt-get install fonts-takao-Mincho
apt-get install fonts-takao
dpkg-reconfigure keyboard-configuration

最後のコマンドを実行した後、Generic 105-key (Intl) PC → Japanese → Japanese → The default for the keyboard layout → No compose key

と操作します。これで日本語化も完成です。

Zynqberryubuntu14

無線化したZYNQベースのLinuxマシンに、HDMI出力とマウスとキーボードをつないで動くようになりました。

sun

このLinuxの構築に必要な情報の元(Ubuntu12の段階)は、Zynqberryスタータキットに付属の小冊子にすべて記載しています。

Zynqberry_starterkit_web

ZynqBerryスタータキットはこちらです↓↓

https://www.trenz.jp/product/zbstart/

|

« XDMAコアでの割り込み発生方法 | トップページ | CORDIC法とDACで正弦波を出力してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XDMAコアでの割り込み発生方法 | トップページ | CORDIC法とDACで正弦波を出力してみた »