« Artix-7ボードの改版を行いました | トップページ | SDSoCの使い方がわかるモータコントロールキット »

2018.05.30

第1回 Cosmo-Zセミナーを開催しました

本日、第1回目のCosm-Z活用セミナーを開催しました。

ファンクションジェネレータやNaIシンチレータ、MPPCアレイ、プロジェクタなど、重たいものをいっぱい詰めて、出発です。

Cszsemi1

セミナーの内容は、

  • 第1章 Cosmo-Zの概要
  • 第2章 最新版ファームウェア
  • 第3章 FPGAの仕組み
  • 第4章 Webインタフェース
  • 第5章 コマンドライン・インタフェース
  • 第6章 トリガの設定
  • 第7章 イベントモード
  • 第8章 オフライン解析

となっています。

セミナー資料はこんな感じです。

Csz_seminar_5

Cosmo-Zのしっかりとした解説資料を作ろうと思い、昨日から徹夜で作成していました。

8名用の会議室を予約したので会場が狭かったのですが、その分、気軽に質問できるようになってよかったと思います。

熱気あふれる会場のようすです。

Csz_seminar_1_2

専門性の高い質問が飛び交います。

Csz_seminar_2

貸出機やデモ機を用意し、一人1台のCosmo-Zを確保しました。すでにお持ちの方にはもって来ていただきました。

皆さま机の上には、ファンクションジェネレータや、シンチレータ、その他いろいろな機材が積み重なっていて、無数のケーブルで接続されています。

Csz_seminar_3

トリガのかけ方やイベントモードでのデータ取得方法を説明し、放射線計測に使う際のCoincidenceやVetoのかけ方など、非常に専門性の高い内容を説明したのですが、まったく問題なく付いてきてくれました。

来月、6月27日にも第2回Cosmo-Zセミナーを開催しますので、ご興味のある方は是非ともご参加ください。

|

« Artix-7ボードの改版を行いました | トップページ | SDSoCの使い方がわかるモータコントロールキット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Artix-7ボードの改版を行いました | トップページ | SDSoCの使い方がわかるモータコントロールキット »