« 第1回 Cosmo-Zセミナーを開催しました | トップページ | MITOUJTAGでVivadoのXDCファイルを読み込めるようにした »

2018.05.31

SDSoCの使い方がわかるモータコントロールキット

TrenzElectronic社の製品でTEC0053というモータコントロールキットがあります。

Eddp

Arty-Z7と、モータコントロール基板と、ステッピングモータのセットなのですが、この基板の本当の目的はモータコントローラを作ることではなく、SDSoCの習得用のデモではないかと思います。

この基板にはWeb画面からモータをコントロールするというデモアプリが付いてくるのですが、Webサーバを動かすためのLinuxと、モータをコントロールするためのFPGAのデザインなどがすべてSDSoCで作れてしまうのです。

Tec0053_ui

それに、サンプルソースコードはXILINXのGitHUBにあるので、XILINXが開発に非常に積極的に関わっているのではないかと思われます。

sun

私も、この基板のおかげで、SDSoCの何たるかを理解しました。

SDSoCというのは、Vivadoの論理合成と、Vivado HLSの高位合成と、XILINX SDKとPetaLinuxとをセットにしたもので、C言語で書いたプログラムがそのままハードウェア化されて、Linuxが起動するSDカードのイメージになって出てくるというツールのようです。

C言語で書いたプログラムのうち、ハードウェア化したい、高速化したい部分を指定すると、そこがVivado HLSに渡されてハードウェア化されて、ZYNQのAXI経由で操作されるハードウェアアクセラレータになります。

DMAとかレジスタの受け渡しは、ユーザが知らないところで勝手にやってくれるので、ハードウェアやAXI HPの知識は不要で、ほとんど意識する必要はありません。

毎回PetaLinuxを動かしていたんでは重いのでは、と思われますが、最初の1回だけ数時間かかりますが、2回目以降は10~20分でできます。そのへんはちゃんと賢くやっているようです。

sun

そんなTEC0053のチュートリアルを書きましたので、ぜひご覧ください。

https://www.trenz.jp/tutorial/tec0053.html

|

« 第1回 Cosmo-Zセミナーを開催しました | トップページ | MITOUJTAGでVivadoのXDCファイルを読み込めるようにした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1回 Cosmo-Zセミナーを開催しました | トップページ | MITOUJTAGでVivadoのXDCファイルを読み込めるようにした »