« MITOUJTAGから未知のSPI ROMにも書き込みできるようにした | トップページ | Trenzページのリニューアルが完了 »

2018.06.05

後払い(掛売)に対応しました

特殊電子回路の決済方法は、いままで、銀行振込先払いか、代引きか、クレジットカードでした。

銀行振込後払いは、大学や公的機関のお客様に限らせていただいておりましたが、掛け売りを希望される一般の企業の方も多かったのが事実です。

一般の企業の方で掛け売りで購入したいという方は、クレジットカードを使ったり、商社を挟んでいただくことで対応されていたようです。

この中で問題になるのは、クレジットカード。

一般に知られていることかどうかわかりませんが、クレジットカードの手数料は、全額ショップ負担で7%くらいなのです。代行会社を使えば少し安くなりますが、直接的な手数料のほかに、振り込み時の手数料とか振込手数料とか早期入金サービス料とか固定費とか、何だかんだ引かれて、最終的には1割くらい減ってしまう感覚です。

(それに比べて運送会社の代引きはクレジット決済よりも手数料が安く、商品の金額が変わってもそれほど手数料が高くはならないのでありがたいです。)

クレジットカード手数料をお店が上乗せすることは契約により禁止されています。代引きの手数料を上乗せするのはOKなのに、なぜでしょうね。

Zynqberryのように利益率が少ない商品でクレジットカードで決済されると、赤字となります。

これは何とかしなければなりません。

そこで、クレジットカードで購入されるなら、掛け売りに対応したほうがよいと判断し、掛け売り対応しました。

|

« MITOUJTAGから未知のSPI ROMにも書き込みできるようにした | トップページ | Trenzページのリニューアルが完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MITOUJTAGから未知のSPI ROMにも書き込みできるようにした | トップページ | Trenzページのリニューアルが完了 »