« SDSoCの勉強を始めました(2) | トップページ | ZynqberryのSDSoC対応(2) »

2018.06.11

ZynqberryのSDSoC対応

Raspberry Pi型のZYNQボード「Zynqberry」(ジンクベリー)をSDSoCに対応させる方策を考えています。

Zb

とりあえず、SDSoCのチュートリアルUG1236をひととおり理解したつもりなので、Zynqberryのプラットフォームの元を作ります。

Zb_sdsoc_platform

ZynqBerryではFCLK0が160MHzなので、clkwizも160MHzを入力して、100MHz,125MHz,250MHzなどを出力するようにしておきます。

このデザインからDSAを作り、SDSoCで読み込むと・・

Zyhnqberry_platform

見事にプラットフォームとして認識してくれました。

sun

SDSoCで行列計算か何かの適当なサンプルデザインを組み込んで合成してみると、こんな回路が出来上がりました。

Zb_sdsoc

しかし、残念なことにZynqberryには入りきらなかったようで、SDSoCの最後の最後でエラーが出てしまいました。

Zb_over

レポートによると、XC7Z010にはDSP80個しかないのに、260個使うようなデザインが出来てしまったようです。

Zb_over2

大きなFPGAの需要がある理由がわかってきましたぞ。

|

« SDSoCの勉強を始めました(2) | トップページ | ZynqberryのSDSoC対応(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDSoCの勉強を始めました(2) | トップページ | ZynqberryのSDSoC対応(2) »