« ZynqberryのSDSoC対応 | トップページ | Zynqberryセミナーを開催しました »

2018.06.12

ZynqberryのSDSoC対応(2)

SDSoCのチュートリアルや使用例のほとんどは、DDRメモリの中のデータとハードウェアアクセラレータの間でやりとりをしています。人工知能とか機械学習とか、画像処理とか、そういうメモリに籠ったアプリではそれがいいのでしょう。

そういう例では、メモリ上のデータをやりとりするだけなので、I/Oポートの設定はさほど気にならないのでしょう。SDSoCでI/Oピンを設定する方法が書かれたものは皆無です。XILINXのフォーラムにちょっとだけ質問が書かれていましたが、具体的な回答は書かれていません。

みんな、ZYBOとか使ってやっていて、自分でボード作る人はいないんでしょうか???

sun

私がやりたいことは、カメラや高速ADCですから、SDSoC8でピン配置を設定する方法を本気で探さなければなりません。

そこで、ZynqberryにHDMI出力やPWMなど、リッチな環境を入れて、さらにピン配置も指定した状態のSDSoC用のプラットフォームを作ってみました。

Zb_rich_sdsoc

まず、Trenz社提供のサンプル回路をベースにSDSoCプラットフォームを作りました。

しかし、このサンプル回路が曲者で、Vivado2017.3以降では論理合成が通らないのです。

苦労してデバッグして、ようやくその原因もわかって、対策もしましたが、Vivado2018.1では最終的にタイミングエラーが出てしまいます。

VivadoのプロジェクトをSDSoCに持っていって、いざ合成しようとしてみると、AXI RegsなどXILINXの標準IPのdriverがないと言われたり、ハードウェアのカスタムIPがないといわれるなどしましたが、SDSoCのプロジェクトの一時ディレクトリに無理やりコピーして何とか合成させました。

ただ、Vivadoでも出ていたタイミングエラーが原因となって、最終的にSDSoCもエラーで終わってしまいました。

なかなかうまくいきません。

|

« ZynqberryのSDSoC対応 | トップページ | Zynqberryセミナーを開催しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZynqberryのSDSoC対応 | トップページ | Zynqberryセミナーを開催しました »