« Zynqberryでディープラーニングが動いた! | トップページ | JTAGチャレンジ基板の生板ができてきた »

2018.07.30

JTAGチャレンジ基板がほぼ完成

わざと間違いを作りこんでおいて、それを発見するための基板「JTAGチャレンジ基板」の設計がほぼ終わりました。

Jtagchallenge1

このボードには、FPGAとしてSpartan-7とMAX10が乗っていて、マイコンはRXマイコンとLPCマイコンが乗っています。RXマイコンにはUSB-JTAGの機能が実装されていて、Spartan-7、MAX10、LPC11U35をJTAGでいじくることができます。

Spartan-7にはSPI ROMやBPI Flash ROMとDDR3 SDRAMとΔΣのDACがつながっていて、MAX10にはシリアルADCがつながっています。

シリアルADCにはマイクと半固定抵抗がつながっています。

Jtagchallenge0

マイクで拾った音をシリアルADCでディジタルにして、MAX10からSpartan-7にデータを送り、Spartan-7で再びアナログにするという動作をします。ボイスレコーダみたいなものができます。

sun

ですが、設計ミスによりFPGAは起動しません。

そのミスを修正してFPGAが起動するようになっても、FPGA間の接続に問題があって、MAX10とSpartan-7の間で正しくデータを伝達できません。

DDR3 SDRAMも、BPI Flash ROMも致命的な設計ミスにより動作しません。

そういう間違いが10個くらいあります。

どれも、組み込みの基板設計では、よくありそうなミスを仕込んでいます。

sun

もし、FPGAにDDR3メモリをアクセスする回路を書いて地道にデバッグするとなると、途方もない時間がかかってしまいますが、そこをJTAGを使ってあっという間にデバッグできるようにしようというのが、このセミナーの趣旨となります。

Jtagchallenge2

6層基板で、140mm×100mmの、ほぼ葉書サイズです。

早ければ金曜日に生基板が届き、お盆前には実装が上がる予定です。

|

« Zynqberryでディープラーニングが動いた! | トップページ | JTAGチャレンジ基板の生板ができてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Zynqberryでディープラーニングが動いた! | トップページ | JTAGチャレンジ基板の生板ができてきた »