« JTAGチャレンジ基板の設計再開 | トップページ | ゼロから作るDeep Learningをやってみた »

2018.07.27

JTAGチャレンジ基板がだいたいできてきた

JTAGチャレンジ基板の配線を引き続き進めています。

Spartan-7は電源ピンが少ないので、とても配線がやりやすいですね。

Sp7

MAX10はさらに電源が少なく、さらに3.3V単一電源なので配線がとても引きやすいですね。

Max10

LPC11U35のサブマイコン(JTAGで操作されるだけのマイコン)は、QFNパッケージにしました。初めて触るマイコンなので、BGAだと動かないとさすがにデバッグしづらいし、バグを作りこむものも難しいからです。

Lpc

これで基板の配線がだいたい完成しました。

RXとLPCとか、Spartan-7とMAX10とか、完全な異ベンダー基板になりました。

Jtagchallenge

|

« JTAGチャレンジ基板の設計再開 | トップページ | ゼロから作るDeep Learningをやってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JTAGチャレンジ基板の設計再開 | トップページ | ゼロから作るDeep Learningをやってみた »