« MITOUJTAGのDigilentプラグインを作成 | トップページ | JTAGチャレンジ基板の実装が上がってきた »

2018.08.09

Digilentのボードを片っ端からスキャンしてみた

MITOUJTAGのDigilentプラグインができたので、手元にあるDigilent製ボードを、MITOUJTAGで片っ端からバウンダリスキャンしてみました。

まずは、Artyです。ArtyはXC7A35TのCSG324が乗っているFPGAボードです。

Arty_a7

自動認識すると同じIDCODEのデバイスの候補が見つかるので、この中で324ピンのものを選びます。

Arty_detect

Artyが動作しているときの、Artix-7の端子の状態です。

ピンクはHレベル、水色はLレベル、塗りつぶしは出力、網掛けは入力の状態を表しています。

Arty_bscan

ArtyにはSPI ROMが乗っているようで、MITOUJTAGからSPI ROMを認識することもできました。

Artyspirom

Artyが起動するときのSPI ROMの端子の動きや、起動後のLEDチカチカの信号も見えました。

Arty_logana

sun

次はSpartan-7が乗ったArty-S7です。Artyとの大きな違いは、Etherのコネクタが無いことです。

Arty_s7

こちらも自動認識すると、同じIDCODEのデバイスが見つかります。この中で324ピンのものを選びます。

S7_detect

端子の状態もばっちり見えました。

S7_bscan

Arty-S7のデフォルトのLEDチカチカはPWMがかかって、じわりじわりと点滅します。そのようすがJTAGロジアナでも見えています。

S7_logana

sun

最後はZYBO-Z7です。

ZYBOは初期のころの評価ボードなので画面出力がVGA端子だったりしますが、その後HDMI出力やCSIカメラが付いたZYBO Z7というのが出ました。

Zybo_z7

FPGAもXC7Z020にアップグレードされています。

Z7_detect

自動認識すると、ARMコアとFPGAコアの2つのデバイスが見えます。

Z7_bscan

LEDチカチカのPWMもよくできています。

Z7_pwm

様々な端子の信号を見るとこのような感じになっています。

Z7_logana

sun

MITOUJTAGは、他社製ボードであっても使えます。デフォルトのサンプルデザインが動いている状況でも使えます。つまり、FPGAに何もIPを書き込む必要がありません。

FPGAの起動前であっても信号が見えるので便利ですよ。

組み込みの世界にバウンダリスキャンを普及させたMITOUJTAGについて詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください↓

MITOUJTAGについて詳しく

|

« MITOUJTAGのDigilentプラグインを作成 | トップページ | JTAGチャレンジ基板の実装が上がってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MITOUJTAGのDigilentプラグインを作成 | トップページ | JTAGチャレンジ基板の実装が上がってきた »