« JTAGチャレンジ基板がほぼ完成 | トップページ | DigilentのJTAGを自分のプログラムで使う方法 »

2018.08.03

JTAGチャレンジ基板の生板ができてきた

バウンダリスキャンを使って回路設計やエレクトロニクス実装の間違いを見つける「JTAGチャレンジ基板」の生板が出来上がりました。

Np1114_raw

来週中には実装が完了する予定です。セキュリティ・キャンプ全国大会2018の講義で使う予定だったので、間に合ってよかった!

そして、9月には誰でも参加できる「JTAGバウンダリスキャン・セミナー」を開催していく予定です。

セミナーの予定はcompassなどで告知していきたいと思いますので、お楽しみに。

|

« JTAGチャレンジ基板がほぼ完成 | トップページ | DigilentのJTAGを自分のプログラムで使う方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JTAGチャレンジ基板がほぼ完成 | トップページ | DigilentのJTAGを自分のプログラムで使う方法 »