« DigilentのJTAGを自分のプログラムで使う方法 | トップページ | Digilentのボードを片っ端からスキャンしてみた »

2018.08.08

MITOUJTAGのDigilentプラグインを作成

Digilent製ボードでMITOUJTAGが使えるようにするため、プラグインを作っています。

ようやくDigilent USB-JTAGの使い方を理解して、MITOUJTAGから使えるようにできました!

まずは、ZYBOとパソコンをつなぎます。ZYBO上のUSB-JTAGで通信するので、USBケーブル1本だけです。

Zybo_3

これでDigilent製のボードはUSBをつなぐだけでI/Oピンや波形が見れるようになったわけなのですが、ZYBOが起動するときの波形をバウンダリスキャンのロジアナで見てみたら、毎秒4000サンプリングほど出ていました。つまり250usくらいのサンプリング周期のようです。

Zybo_bscan

JTAGロジアナで見てみると、DDR3メモリの動きなどが見えます。

Zybo_logana

実は今までのMITOUJTAGにもDigilent USB-JTAGを接続する機能はあったのですが、XILINX ISEがサポートするDigilent Cable Pluginを間接的に使っていたので、ISE(Labtool)が入っていないと使えませんでした。

LabToolはISEのでなければだめで、Vivadoには対応していませんでした。

その意味でも、今回の改良でISEに依存せずにDigilentケーブルが使えるようになったのは大きいといえます。

Dflow

|

« DigilentのJTAGを自分のプログラムで使う方法 | トップページ | Digilentのボードを片っ端からスキャンしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DigilentのJTAGを自分のプログラムで使う方法 | トップページ | Digilentのボードを片っ端からスキャンしてみた »