« UltraScale+におけるチップの温度をJTAGで拾ってみた | トップページ | UltraScale+でJTAGを挿しているとLinux起動中にハングアップする問題 »

2018.10.22

HyperFADCを出荷

特電の製品でHyperFADCというものがあります。

1Gsps 16bit 2chの高速ADCチップを搭載し、QSFP光ファイバで送信するというものです。

Hdadc_1

右下にある放熱BOXがHyperFADCで、フロントパネルは

Hfadc_front

リアパネルは

Hdadc_rear

こうなっています。

発熱がとにかくすごい。扇風機をあてていないと触れないほど熱くなります。

Agilentの波形発生器と高速オシロをつないで、

.Hfadc_wavegen

まずは、測りたい信号がちゃんと出ているかどうかを確認。

Hfadc_osc

そして、HyperFADCでサンプリングしてみます。

Hfadc_wave

ちゃんと動いていそうですね。

周波数特性を測ってみたら、20MHzと300MHz付近にリンギングがあるのですが、ケーブルの問題かもしれません。

Hfadc_freq

納期が遅れてしまい、お客様には申し訳ございませんでしたが、無事に出荷できました。

|

« UltraScale+におけるチップの温度をJTAGで拾ってみた | トップページ | UltraScale+でJTAGを挿しているとLinux起動中にハングアップする問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UltraScale+におけるチップの温度をJTAGで拾ってみた | トップページ | UltraScale+でJTAGを挿しているとLinux起動中にハングアップする問題 »