« MITOUJTAGがネイティブでUltraScale+の書き込みに対応 | トップページ | UltraScale+におけるチップの温度をJTAGで拾ってみた »

2018.10.17

UltraScale+におけるJTAGの扱いが完璧になった

UltraScale+のJTAGの扱いが完璧にできるようになりました。

Zubscan_3

まず、リセット後にDummy TAP/DAPが接続される問題は自動で状況を認識して回復するようにしました。

EXTEST時にPSのバウンダリスキャンセルが入れ替わる問題も、ピン名からPSのピンなのかPLのピンなのかを自動的に判別して解決するようにしました。

こういった様々なバグに対してJTAGライブラリの根幹部分を、UltraScale+のためのパッチを書くことで対応したのですが、一つのFPGAファミリのバグ対策のためにここまでMITOUJTAGの深部に手を加えることになるとは思いませんでした。

Zubscan_4

これで、UltraScale+の自動認識とバウンダリスキャンの問題にはすべて対応できたと思います。

|

« MITOUJTAGがネイティブでUltraScale+の書き込みに対応 | トップページ | UltraScale+におけるチップの温度をJTAGで拾ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MITOUJTAGがネイティブでUltraScale+の書き込みに対応 | トップページ | UltraScale+におけるチップの温度をJTAGで拾ってみた »