« MAX10のJTAG書き込みシーケンス | トップページ | XILINXのJTAG to AXI masterの使い方 »

2018.11.23

Amazonフルフィルメントに委託

日々の発送業務の負担を減らすため、特電の製品のうち汎用的な製品をAmazonに委託することにしました。

Amazonには、フルフィルメント・マルチチャネルというサービスがあります。Amazonの倉庫に商品を預けておいて、自社のショッピングカートで受注したものをAmazonが代行して発送してくれるようです。

自分のブログを読み返してみると、2012年にも実験していたようです。

以前はAmazon箱で発送されてしまっていたため顧客を驚かせていたのですが、最近では無地の箱で発送してくれるようになったそうです。

すごく久しぶりに使うのでやり方が間違っていないといいのですが、AmazonのセラーセントラルでFBAマルチチャネルに納品という手続きを経ると、バーコードが出てくるので、それを商品に貼り付けます。

Fba1

商品をまとめる外箱にもAmazonのバーコードを印刷して貼り付けます。

Amazonはこの黒い箱をピッキングして発送するので、カタログや案内などは製品箱の中に入れることにしました。

中に入れるものを間違えたり忘れたりすると取り返しがつかないので、いつもにも増して集中して、一つ一つまごころを込めて詰めていきます。

Fba2

コツとしては、入れ忘れがないかどうかは、全体の重さで見るとよいということがわかりました。

A4の紙1枚でも5グラムあるので、案内の紙を入れ忘れただけでも重さで判断できます。

sun

あとは注文が入ったらFBAの管理画面から住所を入力してぽちっとするだけです。

Fba3

自分のところから佐川急便やクロネコヤマトで発送するよりも、Amazonのほうが早く(お急ぎ便)、手数料を入れても運送料も安くなるのが、やはり数のパワーというやつを感じます。

これで、日々の事務作業のうち、商品発送という作業を外注することができるようになりました。

事務の省力化と自動化を目指す、勤労感謝の日でした。

|

« MAX10のJTAG書き込みシーケンス | トップページ | XILINXのJTAG to AXI masterの使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MAX10のJTAG書き込みシーケンス | トップページ | XILINXのJTAG to AXI masterの使い方 »