« MITOUJTAG BASIC 3.4をリリースしました | トップページ | オフィスのパソコンを処分 »

2018.11.01

VivadoからMITOUJTAGを介してUltraScale+にJTAGアクセス

Vivadoから開発中の新しいバージョンのMITOUJTAGを介してUltraScale+にJTAGアクセスできるようになりました。

Vivado_mitoujtag

温度と電圧くらいは見えていますが、まだかなり不安定なので、ちょっとしたことをすると切れてしまいます。

例えば、Vivado+Digilentケーブル、あるいはVivado+Platform Cable USBならばUltraScale+をリセットしても復帰できるはずですが、

WARNING: [Labtools 27-3361] The debug hub core was not detected.
Resolution: 
1. Make sure the clock connected to the debug hub (dbg_hub) core is a free running clock and is active.
2. Make sure the BSCAN_SWITCH_USER_MASK device property in Vivado Hardware Manager reflects the user scan chain setting in the design and refresh the device.  To determine the user scan chain setting in the design, open the implemented design and use 'get_property C_USER_SCAN_CHAIN [get_debug_cores dbg_hub]'.
For more details on setting the scan chain property, consult the Vivado Debug and Programming User Guide (UG908).
refresh_hw_device [lindex [get_hw_devices xczu3_0] 0]
CRITICAL WARNING: [Labtools 27-3421] xczu3_0 PL Power Status OFF, cannot connect PL TAP.  Check POR_B signal.
INFO: [Labtools 27-1435] Device xczu3 (JTAG device index = 0) is not programmed (DONE status = 0).

となって、復旧できません。

ただ、MITOUJTAGを通るということは、どのようなシーケンスが流れているのかを解析できるということです。

Xvcs_zu

このような感じで少しずつ解析を行っています。

|

« MITOUJTAG BASIC 3.4をリリースしました | トップページ | オフィスのパソコンを処分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MITOUJTAG BASIC 3.4をリリースしました | トップページ | オフィスのパソコンを処分 »