« 前の事務所の保証金の件で行政書士に相談 | トップページ | ZYNQのボードを設計 »

2019.01.12

Cosmo-Z MiniとCosmo-K DVIの基板を出図

Cosmo-Z MiniとCosmo-K DVIを製造するため、基板を出図しました。

Mentsuke

コストを下げるため、2種類の基板を1つに面付したのですが、PROTEL99SEで単純に面付すると、面付した後の基板のデザインルールになってしまいます。

そのため、以下のような場所が変わってしまいます。

  • GNDとベタの接続の方法(Direct、無接続、4本など・・)
  • 内層レイヤーのデフォルトのネット。GNDとかAGNDとか
  • その他、個別のネットをどう扱うかといったルール
  • ポリゴンと他のネットとの間の間隙

そこで、上記のGCPrevueというツールを使って念入りに見比べて(重ねて)チェックしているのですが、チェックに何時間もかかります。

ガーバはテキストファイルですが、CADが出力する丸や線の順序は毎回変わるので、単純な比較ができません。ガーバに相違がないかどうかを一発でチェックするツールが欲しいですね。

sun

前の基板と変わっていないかどうかを念入りにチェックをした後、出図をしたら、基板業者さんから「前回の残りがあるので、それを使ってもいいか?」とのこと。

なんと、将来のリピートに備えて余分に何枚か作ってくれていたようです。前回の残りがあるのなら、それを使いたいです。

sun

Cosmo-Z MiniとCosmo-K DVIの製造と、Cosmo-Zの製造のため、現在の部品の在庫を数えたり、足りない部品をDigikeyに発注していたら、だいたい6時間かかりました。

200アイテムくらいの発注を6つに分けて発注しました。幸い、すべて土曜日の未明に発送されました。火曜日には着くでしょう。Digikeyの中の人、ありがとうございます。

|

« 前の事務所の保証金の件で行政書士に相談 | トップページ | ZYNQのボードを設計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前の事務所の保証金の件で行政書士に相談 | トップページ | ZYNQのボードを設計 »