« Cosmo-Z MiniとCosmo-K DVIの基板を出図 | トップページ

2019.01.13

ZYNQのボードを設計

ZYNQ搭載ADC+DACボード「Cosmo-Z Mini」の、特定の用途向けカスタム版を作っています。

高速ADC 2ch、低速DAC 16ch、高速ADC 16ch+ディジタルIOで、10cm角以内に収まるというものです。特電のアルバイトさんがここまで設計してくれました。素晴らしい。

残るはDDR3メモリやADC/DACの配線が主なので私が仕上げます。

Cs1

いままではZYNQの部分はTrenz社のモジュール「TE0720」に頼っていましたが、今回のボードからはTrenz社のモジュールを使わずに自前で回路化します。

|

« Cosmo-Z MiniとCosmo-K DVIの基板を出図 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Z MiniとCosmo-K DVIの基板を出図 | トップページ