« EMIOからI2Cの信号が出てこない | トップページ | ZYNQでEMIO経由でI2Cを動かす方法 »

2019.04.04

TrenzElectronicの製品を続々入荷中

TrenzElectronic製品は納期が3か月から半年かかるものもざらです。

そんな製品たちを、半年前に注文していたものがぞくぞく入荷しています。

TE0720-03-2IFTE0720-03-1CFA

Te0720

ZYNQのXC7Z020を搭載した標準的なSoCモジュール。Trenz社の代表的なZYNQボードなのに、納期が3か月程度かかりますが、今なら在庫があります。

ちなみに、2IFの方が高性能です。1CFAというのはスピード・温度グレードが1Cのもので、AはSPI ROMの型番が変わったことを意味しています。

TE0808-04-09EG-2IE

Te0808 

Zynq UltraScale+ ZU9EGという大容量のFPGAと、4 GByte DDR4 SDRAMを搭載たウルトラ級のボード。自動運転やAIの研究・開発、そしてコンパクトなサイズを活かしてAIの組み込みに最適です。

納期が平均して半年くらいかかるので、いま入手しないと次に手に入るのは秋ごろになるかもしれません。

TEC0053-04-K1

SDSoCを使ってモータコントロール回路を作るというチュートリアル的なボードです。

Tec0053

かくいう私もこのボードで勉強してSDSoCの使い方が理解できました。

昨年の11月にオーダーしてようやく入荷という超長納期ボードです。

 

TE0715-04-30-1IA

4×5cmの小さい基板にXC7Z030を詰め込んだ高密度ボード。いったいどうやったらこのサイズに詰め込めるのか?その技術を探ってみたい。

2個売れたので、在庫は残り1個。即納可能。

Te0715

 

ここに挙げた以外にも、TrenzElectronic社のボードをいろいろ在庫していますし、取り寄せもいたします。

https://www.trenz.jp/ へ。

 

|

« EMIOからI2Cの信号が出てこない | トップページ | ZYNQでEMIO経由でI2Cを動かす方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EMIOからI2Cの信号が出てこない | トップページ | ZYNQでEMIO経由でI2Cを動かす方法 »