« ゴールデンウイーク中の営業について | トップページ | Vivadoが生成するプロジェクト生成Tclを読んでみた »

2019.04.29

VivadoのLock by userとLOCK_UPGRADEプロパティ

子IPプロジェクトを更新した場合や、Vivadoのバージョンを変更した場合、IPにロックがかかります。

Lock_ip

ロックされると上の図のように赤い鍵マークが出て、Editしたり論理合成に進むことができなくなります。

通常はReport IP StatusからのUpgrade Selectedで解除できるのですが、それだけでは解除できない場合もあります。

具体的にはIP Statusの所にLock by userと出ている場合で、このときにはBlock Designの各セルをクリックしてプロパティを見ると、
LOCK_UPGRADEというチェックボックスがONになっています。

Lock_ip2

このチェックボックスを一つ一つ外していけばよいのですが、Tclで書くこともできます。

foreach cell [get_bd_cells] {
    set_property LOCK_UPGRADE 0 [get_bd_cells $cell]
}

もしくは

set_property LOCK_UPGRADE 0 [get_bd_cells [get_bd_cells]]

でもよさそうです。

これでユーザロックが外れて、IPの更新と論理合成に進むことができるようになります。

|

« ゴールデンウイーク中の営業について | トップページ | Vivadoが生成するプロジェクト生成Tclを読んでみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンウイーク中の営業について | トップページ | Vivadoが生成するプロジェクト生成Tclを読んでみた »