« VivadoのIPアップデートと論理合成をするスクリプト | トップページ | EZ-USB FX3とFPGAを便利に扱うための64bit DLL »

2019.05.04

EZ-USB FX3とFPGAをつなぐファームウェア

特電Artix-7ボードで提供している「EZ-USB FX3とFPGAをつなぐファームウェア」を公開します。

このファームウェアをEZ-USB FX3(CYUSB3014)に書き込むと、SlaveFIFOとDMAを利用して、毎秒300MB以上の速度でFPGAとインタフェースすることができるようになります。

Firm5

このファームウェアの主な機能は以下のとおりです。

  • FPGAとの間の高速なデータ転送
  • USB-JTAG

今回の更新で、USBのシリアル番号に対応しました。シリアル番号を使うと1台1台のUSBターゲットを区別して開くことができるようになります。

詳しい説明、ビルド方法、ソースコードの入手方法などは下記のgithubのレポジトリをご覧ください。

https://github.com/tokuden/SlaveFifoNP1064

ソースコードとビルド可能なプロジェクト一式は特電のお客様ページで配布しています。

|

« VivadoのIPアップデートと論理合成をするスクリプト | トップページ | EZ-USB FX3とFPGAを便利に扱うための64bit DLL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VivadoのIPアップデートと論理合成をするスクリプト | トップページ | EZ-USB FX3とFPGAを便利に扱うための64bit DLL »