« EZ-USB FX3とFPGAをつなぐファームウェア | トップページ | Vivadoのプロジェクトをgitで管理する最小限は何か »

2019.05.05

EZ-USB FX3とFPGAを便利に扱うための64bit DLL

昨日のEZ-USB FX3用ファームウェアを使って、EZ-USB FX3とFPGAを便利に扱うための64bit DLLを作りました。

githubで公開します。

https://github.com/tokuden/tkusbfx3_multi64

Ezusbfx3_speed

Imagewr

このDLLは特電のArtix-7ボードで動作することを前提に作っていますが、EZ-USB FX3に昨日のファームウェアを入れればどんなボードでもEZ-USB FX3とFPGA間で300MByte/s超の通信ができるようになるでしょう。

USB3.0のアプリの作り方は、こちらのページをご覧ください。

http://www.tokudenkairo.co.jp/art7/apiprog.html

また、FX3に接続されたSPI ROMやI2C ROM、また、FX3のRAM上にファームウェアを転送する機能もあります。

今回、Visual Studio 2019を使用してDLLからアプリまですべて一貫して作りました。いままではBorland C++2006を使っていたのですが、そろそろ諸々のソフトウェアを本格的にVisual Studioで作り直していきたいと考えています。

DLLのソースファイルはこちらです。特電Artix-7ボード をご利用の方は無償でダウンロードできます。

 

|

« EZ-USB FX3とFPGAをつなぐファームウェア | トップページ | Vivadoのプロジェクトをgitで管理する最小限は何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EZ-USB FX3とFPGAをつなぐファームウェア | トップページ | Vivadoのプロジェクトをgitで管理する最小限は何か »