« テキストやコントロールのオブジェクト化 | トップページ | Webからトリガの設定が一応できるようになった »

2019.08.24

HTML5 Canvasのオシロの画面を再構成

HTML5 Canvasのオシロアプリの画面がだんだん出来上がってきた。

まず、目の前にある本物のオシロを参考に画面の配色を変えました。

Color

div/vの文字は、Run/Stopのボタンは昨日作成した自前のライブラリで作ったオブジェクトになっています。

Canvasのテキストを適当に書いているのではなく、見えないけどオブジェクトという殻で包むことができました。

CanvasObjects.draw()とやると、すべてのオブジェクトがforEachでひとつづつ再描画されていきます。

CSSなんて使わずに直接絵で描いている。

それなのにマウスのボタンを押せばちゃんとイベントが発生します。

ここまではうまくいった。

|

« テキストやコントロールのオブジェクト化 | トップページ | Webからトリガの設定が一応できるようになった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テキストやコントロールのオブジェクト化 | トップページ | Webからトリガの設定が一応できるようになった »