« 時間軸の拡大・縮小もできるようになった | トップページ | 本物のオシロが壊れた »

2019.08.28

WebCanvasオシロをリリースしました

HTML5で動くオシロアプリをリリースします。

当面の間は、Cosmo-Z Mini用です。

Cszmini

なぜならば、Cosmo-ZにはADCの分解能や電圧フルスケールの設定を機器ごとに記録しておく仕組みがまだないからです。

Cosmo-Z Miniなら14bit精度で±0.5Vフルスケールと決めてあるので、そのスケールに合うようにプログラムをハードコー@℃してしまっているからなのです。

アップデートのやり方はとても簡単です。

下記のページにある

http://www.cosmoz.jp/update.html

update-cszminiというファイルを作り、実行するだけです。

今年出荷したCosmo-Z Miniはupdate-cszminiは/rootに入っているので、起動したら/root/update-cszminiを実行するだけでOKです。

root@cszmini:~# /update-cszmini
Check and download system firmware...
Check and download libraries...
Check and download Web interface update...
Check and download project source.
アプリケーションをアップデートしました
BOOT.BINを置き換えますか?
実行する場合は yes と入力して下さい.
ここで何も書かずにENTERを押す
更新は行われませんでした。

これでWebSocketの波形サーバやライブラリなどがインストールされ、システム起動時に自動的に実行されます。

Webosc

ユーザはhttp://cszmini/にアクセスするだけで、現在の波形がすぐに見られるようになりました。

 

|

« 時間軸の拡大・縮小もできるようになった | トップページ | 本物のオシロが壊れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間軸の拡大・縮小もできるようになった | トップページ | 本物のオシロが壊れた »