« Cosmo-Z Miniの回路をNahiViva環境に移行した | トップページ | ディジタルフィルタでTFAとBLRを組んでみた »

2019.09.17

Cosmo-Zの回路も完全Vivado化を達成

ZYNQ搭載の高速ADCボード「Cosmo-Z」の回路も完全にVivado化ができました。

Cosmo-Zは開発してから4年くらいが経ち、様々なお客様向けにカスタマイズを施したバージョンが多々あったのですが、なんとかメインストリームに取り込むことができそうになってきました。

Cosmo-Zの全体構成は下の図のように、CPUブロックとSignalProcessingブロックからできています。

画面に映っているコメントの文字列は、TCLスクリプトで読み取られ、グローバルに様々なIPのパラメータを変更するために使われます。

Czv1

SignalProcessingブロックを開くと、信号処理の流れが見えます。

高速ADCでの計測データはadcblockというモジュールでデコードされ、AXI Streamとなってフィルタブロック、トリガブロックを経て計測モジュールへ送られます。

Czv2

ユーザは、フィルタブロックとトリガブロックに自身の回路を追加することで、様々な実験に迅速に適応することができるというわけです。

 

実際にCosmo-Zにファンクションジェネレータをつないで波形を取ってみました。

まずは100kHzの矩形波をAgilentのオシロで測ったもの。

2

これをCosmo-Zで測ったもの。

Csz5

電圧軸も時間軸も正しく表示されているようです。

 

次に、Cosmo-Z Miniで試してみます。Cosmo-ZはADCが12bit~16bitですが、Cosmo-Z Miniは14bitです。

まずは矩形波。

Csv4

それから正弦波。

Csv3

1 

問題なさそうです。

ADCの分解能などが変わっても、FPGAの回路やファームウェアが差を吸収してくれました。

 

|

« Cosmo-Z Miniの回路をNahiViva環境に移行した | トップページ | ディジタルフィルタでTFAとBLRを組んでみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Z Miniの回路をNahiViva環境に移行した | トップページ | ディジタルフィルタでTFAとBLRを組んでみた »