« ET/IoT2019に行ってきました | トップページ | Vivado IPインテグレータのアイコンを自由自在に変える方法 »

2019.11.22

Digikeyからの運送はUPSがいいか?Fedexか?

Digikeyからの国際便にはいままでUPSを使ってきました。

UPSは速いときには速いのですが、日本での通関が正午を過ぎるとその日のうちには配達されないという欠点があります。それは、12時を過ぎるとトラックが出てしまうからですが、こればかりは運なのでどうしようもできません。

 

先週の金曜日15日の夜(日本時間では16日土曜日の未明)に、Digikeyに部品を発注しました。

Digikeyはアメリカの時間で15日(金)の夜にUPSに荷物を引き渡し、16日(土)の未明(現地時間)にアラスカに到着しました。

本来ならば16日(土)の朝、アラスカを発って17日(日)の朝には日本に到着するはずなのです。日付変更線を超えるので4~5時間くらいで到着sるのでしょう。

しかし、今回のフライトは違いました。

Ups_delay

なぜかLouisvileに戻っているのですが、おそらく本当に戻ってはいないと思います。UPSに電話して確認したところ輸出許可が下りなかったということですが、さらに悪いことに「UPSは月曜・火曜はアラスカから日本に飛ぶ飛行機がない」ということで到着は水曜日になるとのことでした。

月曜・火曜はアラスカから日本に飛ぶ飛行機がないというのが謎ですが、本当にアラスカで足止めされているのがわかります。

そして水曜日の11時ごろに成田に到着したのは良いのですが、通関が済んだのが12:40となっているため、その日のトラックには乗りませんでした。そのため本来は月曜日に届くはずの荷物が木曜日に届くという、UPSの輸送網の中で3日もロスする事態となったのです。

問題は2点です。

  • Digikeyに金曜日~土曜日の朝に注文し、アラスカからの輸出に失敗すると2日ロスする。
  • 12時を回って通関すると翌日の配達となる

こればかりはユーザ側からはどうやっても制御できないのですが、最近、DigikeyはUPSとFedexを選べるようになりました。

そこで、試しにDigikeyに発注する部品を2つに分け、UPSとFedexでほぼ同時に注文してみました。

まず、21日(木)の未明(日本時間)にDigikey+UPSで注文しました。

Ups1

アメリカではまだ前の日の昼ですが、現地時間で木曜日の午前にはアラスカに到着しています。そこから4~5時間程度で成田に到着し、金曜日の11:17に通関(空港上屋スキャン)しています。これは金曜日に届きました。注文を入れてから約34時間後の配達です。

 

一方、Fedexも同じような時間に出発して、11:25に通関というほぼ同じような輸送時間でしたが、アラスカを経由していないように見えます。

Fedex

Fedexもおよそ32時間後に配達されました。

今回の発注はどちらもExceptionが起こらなかったのですが、UPSもFedexも、通常どおりの運行予定であればどちらも同じような時間に配達されることが確認できました。

 

Fedexの記録にはメンフィスから成田の間にアラスカが書かれていないのですが、メンフィスと成田を結んだ直線上にアラスカがあるので、本当は経由しているのかもしれません。

これから冬本番になってアラスカの天候が荒れたきに、どちらが安定して輸送してくれるかを調べてみたいと思います。

 

|

« ET/IoT2019に行ってきました | トップページ | Vivado IPインテグレータのアイコンを自由自在に変える方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ET/IoT2019に行ってきました | トップページ | Vivado IPインテグレータのアイコンを自由自在に変える方法 »