« Digikeyからの運送はUPSがいいか?Fedexか? | トップページ | Tang nanoのJTAGを調査 »

2019.11.23

Vivado IPインテグレータのアイコンを自由自在に変える方法

Vivadoでは自分で作ったIPコアが薄い水色の四角になってしまって面白みがありません↓

Vivado_icon

ここに好きな絵を出せたらどんなに素敵でしょう。

その方法がわかりましたので紹介します。

 

まず、Edit in IP Packagerで子IPを開きます。

Vivado_icon2

ここでは、以下のおでんの画像を貼り付けることにします。サイズは1024×768です。

Oden

IPコアのソースがあるディレクトリ(component.xmlのあるディレクトリ)に、表示させたい画像ファイルを置きます。JPGでもPNGでも構いません。

Vivado_icon3_20191123135401

Vivadoの子IP画面で、Package IPタブを開き、File Groups→Advancedで右クリックし、Add File Groupを行います。

Vivado_icon4

ダイアログが開くので、一番下にあるUtility XIT/TTCLを選びます。

Vivado_icon5

Advancedの下にUtility XIT/TTCLというグループができるので、右クリックしてAdd Filesをします。

Vivado_icon6

用意しておいた画像ファイルを追加します。

Vivado_icon7_20191123142001

次のダイアログではそのままOKを押します。

Vivado_icon8_20191123141901

追加したファイルのタイプがimageになっているので、

Vivado_icon18

ここをLOGOに変更します。

Vivado_icon17

Review and Packageを開き、Re-package IPを行い、閉じます。

Vivado_icon9

Vivadoは更新されたことを認識するので、Show IP Status→ReRun→Upgradeの手順を行います。

Vivado_icon13

すると、コアのアイコンに絵が貼りつきました。絵の大きさを基準にIPのサイズが決まるのですが、1024×768だとちょっとサイズが大きかったようです。

Vivado_icon14

そんなときは、ブロックの角をつまんで引っ張れば、大きさを調整できるようです。

Vivado_icon15

いろいろ試してみたところ、PNGとJPGファイルはOKでしたが、アニメーションGIFはだめでした。

また、いらすと屋さんあるような透過PNGのファイルは、透明色の部分が透けて薄水色の部分が透けてイイ感じになりました。

こんな、他社には真似できない特殊な電子回路になりました。

Vivado_icon16

皆さん、ぜひ任意アイコンを貼り付けて、楽しくって特殊なBlock Designにしちゃいましょう!!

 


<追記>

より深い部分の記事です。

IPコアのあるディレクトリを開き、component.xmlをテキストエディタで開きます。

Vivado_icon10

テキストエディタで、先ほど追加したファイル名が書かれている場所を探します。

Vivado_icon11_20191123142201

この部分は<spirit:fileSet>~</spirit:fileSet>というタグで囲まれていて、Vivado IP Packagerが管理する1つ1つのファイルに対応すると思われます。

<spirit:userFileType>image</spirit:userFileType>

の行の次に、

<spirit:userFileType>LOGO</spirit:userFileType>

をという行追加することで、ロゴが変わります。

どうやら<spirit:userFileType>image</spirit:userFileType>の行は必須ではないようで、LOGOの行があることが本質のようです。

また、以下の処理は必須ではないのですが、画像ファイルが絶対パスで記述されているとVivadoのIP PackagerがWarningを出すのでパス名を削ってしまいましょう。

component.xmlがあるディレクトリが相対パスの基点です。

結果的に、この<spirit:fileSet>~</spirit:fileSet>で囲まれた部分は最終的に以下のようになります。

  <spirit:fileSet>
<spirit:name>xilinx_utilityxitfiles_view_fileset</spirit:name>
<spirit:file>
<spirit:name>oden.jpg</spirit:name>
<spirit:userFileType>image</spirit:userFileType>
<spirit:userFileType>LOGO</spirit:userFileType>
</spirit:file>
</spirit:fileSet>

component.xmlを直接エディットした場合は、再びEdit in IP Packagerで開き、何もせずにRe-Package IPを行い、閉じるとVivadoに変更が認識されます。

 

|

« Digikeyからの運送はUPSがいいか?Fedexか? | トップページ | Tang nanoのJTAGを調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Digikeyからの運送はUPSがいいか?Fedexか? | トップページ | Tang nanoのJTAGを調査 »