« Cosmo-Zのディスクリを正負両対応にしたのと、Vivadoにおけるスマートなパラメタライズ | トップページ | Spartan-7ボードの設計を再開します »

2019.12.09

GOWINの書き込みケーブルと、TEC0117というボードを仕入

ドイツTrenzElectronic社が開発したTEC0117というボード、それからGOWINのケーブルを入荷しました。

Gowin

この"TEC0117-01"というボードは、GW1NR-9という8MByteのSDRAMを内蔵したFPGAを搭載しています。

Gowin_top

1NR9って型番おかしいんじゃないかと思ったのですが、エンベデッドメモリ搭載ファミリで正しい型番でした。

LUT数は8640個で、TangNanoで使われているGW1N-1の7.5倍もあります。

https://www.gowinsemi.com/ja/product/detail/2/

のGW1NRファミリ(エンベデッドメモリ搭載)というところを見てください。

8MByteですよ。結構なサイズです。

何ができるでしょうね。RISC-Vのメインメモリとかでしょうか。

この基板の裏には何も部品が乗っておらず、つるつるでした。

Gowin_bot

0603サイズ(ミリメートル)の部品はふんだんに使っているようで、相当な高密度でした。

USB-JTAGはFT2232を使って実現するようなのですが、USB-JTAGの機能を使うためのファイルがまだ提供されていません。

また、マニュアルの整備が追い付いていないようで、存在するドキュメントは回路図のみという状況です。

 

GOWINのデバッグケーブルもついでに購入しました。

Gowin_cable2

このケーブルは世界中を旅してきたようで、新品のはずなのですが砂っぽかったです。

TEC0117とUSBケーブルは近いうちに発売します。

 

|

« Cosmo-Zのディスクリを正負両対応にしたのと、Vivadoにおけるスマートなパラメタライズ | トップページ | Spartan-7ボードの設計を再開します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Zのディスクリを正負両対応にしたのと、Vivadoにおけるスマートなパラメタライズ | トップページ | Spartan-7ボードの設計を再開します »