« Cosmo-Zの64ch版を開発中 | トップページ | Cosmo-Z 64chの裏面パネルに大きな穴あけ »

2020.03.27

Cosmo-Z 64chに通電

秋葉原に行って、いろいろな小物類を買ってきて、配線をしました。

Cosmoz64_3

電源モジュールから出てくる配線をネジで固定するやつをはじめ、いろいろな小物を買ってきて組み立てました。

電源を入れたところ12Vで2.8Aくらい流れます。ドゥーンという音がするのが緊張感を高めます。

起動時に大きな電流が流れるようで、安定化電源を3Aにセットしていると起動できないこともあります。

GbEのハブは両面テープで電源モジュールの上に固定です。両面テープと言っても、超強力なやつで、つるつるの面同士でくっつけると二度と離れないくらい強力です。

2台の基板の同期をどう取るかを考えたところ、1台をメイン基板にして、

Cosmoz64_4

もう一台をサブ基板にすることにしました。

Cosmoz64_5

そして、メイン基板のGTXを2個使ってクロックと、リセット信号、トリガ信号を送ります。メインのGTXとサブのGTXはそれを受けて、クロックとリセットとトリガを受け取ります。

つまり、メインもサブもGTX経由で受け取ったクロックと、リセット信号、トリガ信号で動くようにするというわけです。

きっと大丈夫。このような感じで100台のカメラをクロック同期させた経験があります。

 

秋月でSMAコネクタと、千石で同軸を買ってきました。

|

« Cosmo-Zの64ch版を開発中 | トップページ | Cosmo-Z 64chの裏面パネルに大きな穴あけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Zの64ch版を開発中 | トップページ | Cosmo-Z 64chの裏面パネルに大きな穴あけ »