« Cosmo-Z 64chの裏面パネルに大きな穴あけ | トップページ | FT2232Hの出力にバッファを使う場合のMPSSE JTAG »

2020.03.31

ZYNQ UltraScale+の新しい評価ボード TE0802

TrenzElectronic社から出ているTE0802というZYNQ UltraScale+の評価ボードを買いました。

Te0802_1

面白そうだから、思わず自分用に注文してしまいました。。

いままで個人の趣味でUltraScale+を使ってみるとなると、みんなUltra96一択でした。

確かにUltra96の他には、手ごろな価格のUltraScaleボードが無かったからでしょう。

 

でも、Ultra96一強の時代は終わりました❗❗

新しい低価格UltraScale+評価ボードの登場です。

その名も、TE0802-02-2AEU2-Aです。(覚えにくい💦

https://www.trenz.jp/product/TE0802-02-2AEU2-A

主なスペックは、

  • XCZU2CG-1SBVA484E
  • LPDDR4 1GB
  • ギガビットイーサ
  • USB3.0ホスト
  • M.2 SSD PCIe
  • Display port
  • VGA搭載
  • USB-JTAGとUSB-UARTをオンボードで搭載
  • 4桁の7セグLEDのほかLEDがいっぱい
  • ボタンやスイッチがたくさん
  • PMODが2個
  • 5V単一電源で動作
  • ファンレス

という感じです。

Ultra96と比べて良いなと思うところを赤色にしました。

まず、Ultra96は5Vじゃ動かないのですが、このボードは5V単一電源で動きます。12Vで細口の特殊なACアダプタを用意しなくていいんです!

それに、Digilent互換のUSB-JTAGとUSB-UARTを搭載しているので、書き込みもデバッグもコンソールも、他に何もいりません。

おまけに、使うかどうかわかりませんが、PCIeも付いています。ここにはM2のSSDを乗せるようですね。

FANもないので静かです。

Ultra96がZU3EGなのに対して、このボードはZU2CGと、少し規模が小さいのとGPUが乗っていない点が負けているところです。

Te0802_bot

GPUはありませんが、画像描画が目的でなければあまり関係ないのかもしれません。Ultra96と比べると周辺回路が充実しているので楽しめるでしょう。

 

それではさっそく動かしてみようとしたのですが、SDカードは付属していなかったので、Trenz社の製品ページに行き、Downloadsタブの中からTE0802-test_board-vivado_2018.3-build_07_20190830103019.zip をダウンロードしてきます。

Image2

この中のtest_board\prebuilt\boot_images\2cg_i1gb\u-boot\BOOT.binをSDカードに入れれば、U-bootまでは立ち上がります。

--------------------------------------------------------------------------------

Xilinx Zynq MP First Stage Boot Loader (TE modified)
Release 2018.3 Aug 30 2019 - 08:40:28
Device Name: XCZU2CG

--------------------------------------------------------------------------------
TE0802 TE_XFsbl_BoardInit_Custom
Reset Complete

--------------------------------------------------------------------------------
NOTICE: ATF running on XCZU2CG/silicon v4/RTL5.1 at 0xfffea000
NOTICE: BL31: Secure code at 0x0
NOTICE: BL31: Non secure code at 0x8000000
NOTICE: BL31: v1.5(release):xilinx-v2018.2-919-g08560c36
NOTICE: BL31: Built : 10:34:42, Aug 29 2019
PMUFW: v1.1


U-Boot 2018.01 (Aug 29 2019 - 10:32:05 +0000) Xilinx ZynqMP ZCU102 rev1.0

I2C: ready
DRAM: 1023 MiB
EL Level: EL2
Chip ID: zu2cg
MMC: mmc@ff160000: 0 (SD)
Using default environment

In: serial@ff000000
Out: serial@ff000000
Err: serial@ff000000
Board: Xilinx ZynqMP
Bootmode: SD_MODE
Net: ZYNQ GEM: ff0e0000, phyaddr 1, interface rgmii-id

Warning: ethernet@ff0e0000 using MAC address from ROM
eth0: ethernet@ff0e0000
U-BOOT for petalinux

ethernet@ff0e0000 Waiting for PHY auto negotiation to complete..........

無事U-Bootは起動したのですが、uImageがなく、ここから先の起動はできませんでした。

Te0802_2

ディジタル時計みたいなアプリが動いています。↑

 

アーカイブにLinuxの完全なイメージは含まれていなかったので、PetaLinuxで作るか、どこからかTrenz用Linuxを探してくるかしなければならないようです。

誰か腕試しにLinuxを移植してみませんか?

 

USB-JTAGが乗っているようなので、MITOUJTAGでも見てみました。

MITOUJTAG 3.4でなら、バウンダリスキャンができます。端子の状態も見えます。

Te0802_mj1

I/Oの状態を波形としても見ることができました。

Te0802_mj2

PLはコンフィグされていて、7セグLEDの信号とVGAの信号が激しく動いているようでした。

 

さて、こんな楽しそうな機能がいっぱいのTE0802を輸入して販売いたします。

価格は39,800円。

銀行振込もしくは代引きでご注文いただくと、送料無料です。

 

なお、ドイツの輸出規制にひっかかる商品のため、その都度輸出許可を得る必要があります。

輸出管理の関係上、弊社にストックしておけないので、納期はどうしても1週間くらいかかります。

ですが、頑張って輸出申請書類を書いて、取り寄せます。

 

外出自粛であまり外に出られないご時世ですので、自宅に籠ってUltraScale+のLinuxを極めるなんていうのも素敵な過ごし方ではないかと思います。

PCIeやPMOD、たくさんのLED・スイッチなど、Ultra96では楽しめない要素が盛りだくさんです。

気になったらぜひ見てみてください!

製品紹介ページはこちらです↓

https://www.trenz.jp/product/TE0802-02-2AEU2-A

 

※コロナウィルスの影響で国際輸送網に影響が出始めています。国際輸送が正常に機能している今週中にぜひともご注文ください。メーカーに在庫はたくさんあります。

 

|

« Cosmo-Z 64chの裏面パネルに大きな穴あけ | トップページ | FT2232Hの出力にバッファを使う場合のMPSSE JTAG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Z 64chの裏面パネルに大きな穴あけ | トップページ | FT2232Hの出力にバッファを使う場合のMPSSE JTAG »