« DigilentのDVI2RGBコアを使ってEyeSizeを測る | トップページ | Windows10でMITOUJTAGからXILINX Platform Cable USBを認識させる方法 »

2020.09.30

HDMIの信号をJTAGロジアナで見る

DigilentのDVI2RGBコアの出力をVideo In to AXI-4 StreamでAXI Streamに変換し、AXI Subset converterを入れて32bitにします。AXI Subset converterというのはSliceやconcatみたいなものなのでしょう。左側に8bitのゼロを詰めてくれるようですね。

Hdmicap0

こうして作ったブロックを2つ用意し、MITOUJTAGのJTAGロジックアナライザで見れるようにしました。

Hdmicap1

手近にあったノートPCのHDMI出力に基板をつなぎMITOUJTAGで見てみます。

下の図のような感じでAXI Streamらしき波形が見えています。

Hdmicap3

tvalidがHになっている期間を数えてみると1920クロック分ありました。そしてtuser(0)が'1'になってからtlastを数えると1080個あるので、tvalidがHSYNCの代わりになっていて、tuser(0)がVSYNCの代わりになっているのでしょう。

ただし、tuser(0)が'1'になってからの4ライン分はtvalidが39クロック分しかない短いラインが来ていました。そのあと、1080個の通常の画像ラインが来ています。最初の4ラインは何でしょうね?音声とかかもしれません。

Hdmicap2

それから、0x00A277という値が送られてきていますが、DigilentのDVI2RGBコアではRBGの順にならんでいるので、RGB=0,119,162という値になります。どんな色かというと、

00a277

昔懐かしい、Windows8のデスクトップの色ですね。

 

|

« DigilentのDVI2RGBコアを使ってEyeSizeを測る | トップページ | Windows10でMITOUJTAGからXILINX Platform Cable USBを認識させる方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DigilentのDVI2RGBコアを使ってEyeSizeを測る | トップページ | Windows10でMITOUJTAGからXILINX Platform Cable USBを認識させる方法 »