« お祓いのアイテム一式を揃えた | トップページ | 登記懈怠の解消 »

2021.06.21

引っ越しの準備開始

引っ越しが目前に迫ってきて、ようやく段ボール詰めを開始しました。

今の狭い我が家に引っ越してきてからあまり物を増やさないように心がけては来たのですが、やはり2年も住むとゴミだらけになります。

それに、なぜか使っていないカラーボックス(衣装ケース)が8個もある!おそらく前の広い家に住んでいたときのものを捨てられずに持ってきたものだとは思うのですが、捨てられなかった理由は粗大ごみになるからです。

プラスチックのペコペコなものなので普通ゴミにしてもらいたいのですが、都では粗大ごみになるので、なかなか捨てられなかったようです。

(金額の問題ではなく、収集の申請をしてから1か月くらいかかるから、面倒くさくなって忘れてしまう)

 

かといって、前に住んでいた家を引き払うときに残った粗大ごみを捨てようと「粗大ごみ処理します 業界最安値5000円」みたいな広告を出してくる業者に来てもらったら、わけのわかんない理屈を並べて「2万5千円になります~」という悪徳業者が多すぎるので、自治体の回収以外に出しにくいというのも事実なのですよね。インターネットで粗大ごみ処理の広告を出している業者は、ボッタクリが多いし本当に処理しているかどうかさえ怪しいですよ。

 

大量の粗大ごみを短時間で処理する裏技があります。自治体の清掃局に電話して、理由を説明して、大量の粗大ごみを短時間で処理してくれる業者を紹介してもらうのです。自治体の紹介してくれる業者に悪徳はいません。価格的にも区の粗大ごみと同じくらいです。変な業者に頼むよりも自治体に相談するのが一番です。

 

今住んでいる家は本当に狭いので、引っ越しの準備で積み重ねる段ボールを置く場所もありません。効率よく作業をするには、作業スペースの確保が何より重要です。そのためには、粗大ごみを捨てたり、自分で運べるものは先に運んでしまうなどして少しでも荷物を減らすしかありません。

 

|

« お祓いのアイテム一式を揃えた | トップページ | 登記懈怠の解消 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お祓いのアイテム一式を揃えた | トップページ | 登記懈怠の解消 »