« USB 3.1をType-Cにする方法のお勉強 | トップページ | USB Type-Cの徹底解説^H^H解析(1) »

2021.08.22

Gitlabをやめ、Githubに移行した

特電ではいくつかのプロジェクトをgitで管理していて、某サーバ業者で借りたVPS上にgitlabを立ててリモートにレポジトリをアップロードして複数の人で共有していました。

ただ、gitlabは結構重いのでそこそこのランクのサーバが必要になるし、そもそも従業員がいないのでリモートで管理する必要がないので、gitlabのサーバを手放すことにしました。

gitlabからgithubに移行する際には、

git clone --mirror https://<旧サーバ上のURL>/<レポジトリ名>.git

と、mirrorを付けてcloneする。(これをするとHEADとかいうファイルが作られるらしい)

それからgithubで新しいレポジトリをprivateで作り、

cd <レポジトリ名>.git
git remote remove origin
git remote add --mirror=push origin https://github.com/<新しいレポジトリ名.git>

をやってremoteを設定しなおす。もしくは、

git remote set-url origin https://github.com/<新しいレポジトリ名.git>

でremoteを設定しなおして、 

git push

で新レポジトリにアップロード。

という手順でよいのかなと思います。

より高度な機能やissueなどを使っている人はこれだけでいけるのかどうかわかりませんが、私の場合はあまり高度なことをしていないので、更新履歴も含めて全部アップロードできたようです。

githubに移行したとはいっても、やはりgitは、更新履歴を見るツールとしてしか使っていません。

ローカルPCと社内RAIDのファイルが絶対のマスターなんですよね。なぜならば、ファイルの作成日付を重要な情報として使っているからです。gitに上げた瞬間から作成日付がなくなってしまうのがどうしても許せないので、gitにすべてをゆだねる気にならないのです。

 

|

« USB 3.1をType-Cにする方法のお勉強 | トップページ | USB Type-Cの徹底解説^H^H解析(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« USB 3.1をType-Cにする方法のお勉強 | トップページ | USB Type-Cの徹底解説^H^H解析(1) »