« C#のオシロアプリでマウスで範囲選択などができるようにした | トップページ | 古いデザインの解析 »

2021.11.02

HyperFADCの開発を再開します

HyperFADCという16bit 2ch 1Gspsの超高速ADCの開発を再開します。

Fdlks99aaaefpi

この装置は1GHzでサンプリングしたAD変換データを40Gbpsの光ファイバで送って、QSFP+とPCI ExpressのついたCosmo-K+で受信するというものです。

1478579823_cosmok

開発を行っていたのは2017~2018年ごろなのですが、使用しているADCが16bitなのに14bitの精度でしか出てこないとか、発熱がべらぼうに大きいとか、いろいろな問題があって中断していました。

 

どこまで開発が進んでいたかというと、2018年にアルバイトさんがサンプルデザインとサンプルアプリを作ってくれていたのですが、

Fdlkbwauaa0tm2

Hyp_app1

動かしてみると、

Hdadc_app1

DLLの読み込みでエラーが発生してしまいます。

 

まずは、アルバイトさんが残していってくれたデザインを解析するところから始めるとしましょう。

 

|

« C#のオシロアプリでマウスで範囲選択などができるようにした | トップページ | 古いデザインの解析 »

コメント

ADCの精度の問題は解消したということでしょうか?

投稿: _ | 2021.12.18 12:42

していません。ですが、あれから数年たってTIもデータシートを更新したので、何かが変わっているかも。

投稿: | 2021.12.18 13:58

返信遅れました。
ご連絡ありがとうございました。
ブログのアップ期待して待ちしたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

投稿: _ | 2022.01.05 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C#のオシロアプリでマウスで範囲選択などができるようにした | トップページ | 古いデザインの解析 »