« HyperFADCの開発を再開します | トップページ | GTXから信号が出力されない!? »

2021.11.03

古いデザインの解析

2018年にアルバイトさんが作ってくれたデザインを解析してみます。

まずは3月9日ごろのデザイン。

Design1

一見すると大変複雑そうで、MicroBlazeまで入っています。MicroBlazeは、XILINXのDMAコアをAXI Liteでレジスタ設定するために使っていたといっていたような気がします。

Design2

複雑なデザインの開発はここでいったん終わり、2018年4月から新たにデザインを作りなおしたようです。最後のデザインは特電のGitLabにアップロードされていました。

それが、こちら。

Newdesign1

JESDブロックの中は、このような感じ。

Newdesign2

PCIEブロックの中は、このような感じ。

Newdesign3

非常にすっきりしています。

MicroBlazeによるレジスタ設定がなくなって、PCI Express経由でホストPCからレジスタ設定を行う仕組みに変わったようです。

 

アプリも、2018年3~5月まではこういう感じだったのですが、

Oldapp

GitLabに上がっていた2018年5月18日の最終版では

Newapp1

と、変わっていました。

ただ、どちらのアプリも起動時にDLLがロードできず、エラーになります。

PCI ExpressのDLLがx64とx86とで不整合を起こしているのか、DLLが他のDLLに依存していてそれが見つからずにロードできずエラーが起きているのかもしれません。

|

« HyperFADCの開発を再開します | トップページ | GTXから信号が出力されない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HyperFADCの開発を再開します | トップページ | GTXから信号が出力されない!? »