« Kria KV260を動かしてみた(1) | トップページ | Kria KV260を動かしてみた(2)~5V電源で動作させてよいのか »

2021.12.04

Rochster Electronis, LLCという電子部品商社

AD9253BCPZ-125 というADコンバータが必要になりました。

いつものようにDigikeyを見に行くと、なんと、品切れ!

Digikey

RLが付いたほう(リール品)は486個あるようなのですが「受注発注品」でRochester Electronics, LLCと表示されています。

Digikey2

マーケットプレイスというのがいかにも怪しく、怪しい流通在庫かもしれないと思ったので他を探すことにしました。

 

次に、Chip1stopで探してみると、在庫ありと出てきました。

Chip1

納期が長いなーと思いつつ。あれ?486個ってどこかで見た数字じゃない?

 

Rochester Electronics のホームページでAD9253BCPZを探してみると、

Rochs

ビンゴ!

 

このRochester Electronics, Incって何者って思って調べてみると、Wikipediaによれば

ロチェスターエレクトロニクスRochester Electronics, LLC)は、世界的な半導体製品の販売代理店及び製造メーカー。本社はアメリカマサチューセッツ州ニューベリーポート。主に、半導体の製造中止品の販売と製造(継続生産・再生産)ソリューションを提供している。

とのこと。

どうやら世界最大規模の正規販売代理店の一つだったようです。今まで知りませんでした。創立40年のアメリカの会社のようです。

少なくとも中国の流通在庫ではないので一安心。

 

事業内容にある「製造中止品の販売」ってことは買い占めて転売でもしているのかと思ったのですが、そうではないようです。再生産ソリューションというのは、半導体メーカーから移管された技術と情報で再生産しているらしく、半導体メーカーからウェハを買ってパッケージングして再生産したりなどをしているそうです。

メーカーオリジナルの物にデータシート上は完全に適合するらしく、ロチェスター製と書かれているICはオリジナルのICと同じ性能といえるようです。つまり、半導体メーカーとしては何らかの理由で作ることをやめてしまったものを、代理で製造してくれるありがたい会社なんですね。

 

ロチェスターの販売代理店は、日本ではAvnet、Chip1stop、コアスタッフ、ネクスティエレクトロニクス、PALTEK、菱洋エレクトロ、東京エレクトロンデバイスなどが並んでいます。このことからも、怪しげな流通在庫商社ではなく、信頼できる正規の流通経路であることがわかります。

 

どうやら、商社を通さなくても1個単位でロチェスターのWebサイト上から買えるようです。価格はチップワン経由の方が安いのですが、納期が2週間かかってしまいます。

なので、Webサイト上でさっそく注文しました。オンラインでの買い物も非常にスムーズでした。

Roches2

チップワンやDigikeyを通すとどうしても納期が長くなってしまうので、緊急で必要な少量はロチェスターからオンラインで買い、数十個まとめて買うときにはチップワン経由で買うのがよいでしょう。

Rochester、本当に助かりました。

今度からは、Digikey、Mouserにない部品は、Rochesterを先に探すことにします。

|

« Kria KV260を動かしてみた(1) | トップページ | Kria KV260を動かしてみた(2)~5V電源で動作させてよいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kria KV260を動かしてみた(1) | トップページ | Kria KV260を動かしてみた(2)~5V電源で動作させてよいのか »